水と緑と歴史に出会う道「琵琶湖疏水・

伏見稲荷・桃山御陵」(7月15日(土)第84回例会報告)

コース:JR京都線・京都駅(鴨川・ひかり公園)~東福寺~伏見稲荷大社~琵琶湖疏水~

    藤森神社~伏見桃山城~伏見桃山御陵~乃木神社~JR奈良線・桃山駅

    (12Km  JRふれあい レベルA---「初心者・一般向き」ほぼ平坦

      伏見稲荷大社

 今回は、京都東山「東福寺・伏見稲荷大社」詣でした。

その数2万基といわれる、真っ赤な「千本鳥居

」通り抜け・「朱と緑の魔界の神秘」・まさに

---大スペクタクル---圧巻の光景でした。

 鴨川沿いの「ひかり公園」に集合。暑い中

328名のご参加・大変有難うございました。

今日は猛暑---36℃を越える?---との予報---

、リーダーから、熱中症に注意・「こまめに水分補給を--無理しないように---リタイヤーする勇気を---」と、強くお願い。

鴨川から東山橋を渡り東福寺へ。東福寺三名橋の一つ「臥雲橋(がうんきょう)」に到着。

 日下門手前の「トンネル状渡り橋」で代表的な観光スポットとして「日本百名橋」にも選ばれています。臥雲橋から、「洗玉澗」(せんぎょくかん)と名づけられた小さな渓谷と「通天橋」を覗き見ることができます。春は青モミジ---、秋は真っ赤な紅葉---と最高のビューポイントです。

 「日下門」より境内へ、国宝の「三門」・「方丈庭園」など見どころ一杯。「法堂」(はっとう)の天井には「巨大な龍」が---その大迫力!に、圧倒されました。

三門前の蓮池には、気品ある白い蓮華が見頃を迎え---混合の紅色も---綺麗でした。

 

 無数の鳥居がそびえ---もっとも身近な神社・お稲荷さん---全国に4万社ある稲荷神社の総本宮・「伏見稲荷大社」に向かいました。

「稲荷山」全体が信仰の対象で、大鳥居をくぐると立派な「楼門」がお迎え。豊臣秀吉が寄進したもので、正面の朱塗りの豪華な本殿は重要文化財です。

 特に有名な「千本鳥居」・連なる真紅の鳥居が本殿---奥院---稲荷山---へ無数に続き、その数、約2万基といわれています。真っ赤な鳥居がトンネル状に立ち並ぶ光景は、幻想的で神々しさを感じます。

 「千本鳥居―通り抜け」・異様な雰囲気---人、人,人---で溢れ大渋滞。殆どが外国人---中でも東南アジアからの観光客が圧倒的。伏見稲荷は外国人が訪れる数で、日本の観光地ナンバーワンとしても名を馳せているのです。中国語が聞こえました・「今日は、日本人多いね-----」

 伏見稲荷から満水の「琵琶湖疏水」を南へ。インクライン、蹴上---から鴨川運河に合流し宇治川に放流されています。京阪電鉄・藤森駅近くの涼しい深草西浦公園で昼食にしました。

 もう夏本番かと思うぐらい---暑い!暑い! 

午後は、藤森神社から伏見桃山城へ。「明治天皇陵」へは希望者のみで。ショートカットで乃木神社を経て、JR奈良線・桃山駅にゴール。真夏の耐久ウォーキング・お疲れ様でした。

 

次回は 7月29日 黄色の花絨毯「キバナコスモス」・紅色「蓮の花」---お楽しみに。

例会報告写真集を掲載しました。会員B氏の写真を一部借用しています。クリックしてご覧下さい。

漫歩マンさんの例会写真集は早くも掲載されました。クリックしてご覧下さい。