★当日のみの一般参加の方も大歓迎です。

      是非、一度、気軽にご参加ください。お待ち致しております。


新着情報

★平成29年6月11日例会報告と写真集をアップしました。

★平成29年5月22日例会報告と写真集をアップしました。

★平成29年5月12日会員のB氏から動画の投稿が有りました。

★平成29年5月6日例会報告と写真集をアップしました。

★平成29年5月1日例会報告と写真集をアップしました。

★平成29年1月6日各地区協会の年間予定のまとめを掲載しました

。ダウンロードして閲覧、印刷ができます。

★平成28年12月31日ホームページをリニューアルしました。

★平成28年10月29日更新案内を新たに設けました。

★平成26年1月13日ホームページを開設しました。



花と緑の癒しのスポット 

山田池公園「花しょうぶ園・あじさい園」

(6月9日(金)第82回例会報告)

コース:JR学研都市線・松井山手駅~舟橋川緑道~ニトリモール~山田池公園~展望広場~

    (花しょうぶ・あじさい園)~穂谷川~JR学研都市線・藤阪駅

  (13Km JRふれあい レベルA---「初心者・一般向き」ほぼ平坦)

 クリックすると拡大してご覧になれます

 今回は、山田池公園「花しょうぶ・あじさい」鑑賞ウォークでした。

枚方市東部に、72ヘクタールの広大な面積を有する---歴史的にも貴重な池として、

「日本の歴史公園100選」に選ばれている---湖と花と緑---大変美しい公園です。

 JR学研都市線・京橋~木津間のほぼ中間・松井山手駅に集合。大規模な住宅開発など、急速に発展したモダンな街です。

遠くより240名のご参加有難うございました。

 

 清々しい快晴の朝・広くて新しい「山手幹線道路」から「船橋川」に出ました。川沿いに、咲き乱れる黄色の花・「オオキンケイギク」・キク科の外来種で有害植物だそうですが---溢れる「黄色」実にきれい---目を見張りました。

 昨年オープンしたばかりの広大な「ニトリモール」到着。列詰小休憩後、車の多い国道1号線沿いを約15分---「山田池公園」北入口に到着。

 大変広い都会の癒し空間・中央には約1200年前に築造された広大な「山田池」---水面に映る月は格別の趣---「山田池の月」---(枚方八景)---の一つに選ばれています。

 湖畔を取り囲む、ジョギング・ウォーキングコース沿いは、四季色とりどりの花壇や花木が彩ります

。北地区は里山の緑・湖の碧色---、南地区は開放的な芝生広場---と、広がっています。

360度のパノラマが楽しめる「芝生の丘」・見事な「竹林公園」・ターザンロープなど多彩な遊具がそろう「自由広場」---など、大人も子供も楽しめ、ゆったりと過ごせます。「展望広場」で湖を渡ってくる心地よい風を浴びながらの昼食でした。

 午後から中央の「水辺広場」:140品種10000株が咲き誇る「花しょうぶ園」内は自由散策と致しました。淡い-紫、白、黄色---可憐に美しく---今まさに満開・旬の花---満喫でした。

 花しょうぶ園の後方に---2600株の「あじさい園」---4部咲き程度も---見頃を迎え咲き競う紫の花---清楚で瑞々しく---訪れる人を癒してくれました。渓流の浅瀬に沿うせせらぎ・丘陵の新緑・深い森からは野鳥の声も聞えて来ました。

公園南から「穂谷川」の遊歩道沿いに、JR藤坂駅へ。14時30分・ゴールでした。

「枚方八景・山田池」---「花しょうぶ&あじさい」--- enjoy頂けたでしょうか?

 

次回は6月30日 壮大なスケール---大自然&大パノラマ・生駒山「アジサイ・プロムナード」へ、お待ちいたしております。--お楽しみに。

例会報告写真集はここからご覧下さい。写真集には、会員のI氏とB氏から提供頂いた写真も掲載しました。

漫歩マンさんの例会写真集が掲載されました。クリックしてご覧下さい。



新緑の春日山原始林:周遊ウォーク    「春日山遊歩道・若草山・滝坂の道」

(5月20日(土)第81回例会報告)

コース:JR大和路線・奈良駅~三条通り~登大路園地~春日遊歩道~若草山山頂~

春日奥山周遊道路~首切り地蔵~滝坂の道~鷺池(浮見堂)~興福寺~JR大和路線・奈良駅

  (17Km JRふれあい レベルC---「健脚向き」高低差の大きい坂道あり/距離有り)

   若みどりに映える「若草山」

 今回は、古都奈良の人気コース:「春日山原始林」周遊ウォークでした。

 奈良を訪れれば、最初に飛び込む景色は

、新緑の美しい芝生で覆われた「若草山」----その背後に位置するのが世界遺産「春日山原始林」・(標高498m、面積250ha)

古代より狩猟と伐採が禁止され、「春日大社の聖域」として守られ、積極的な保護のもと原始性を保ってきました。木には苔がはえ、太く堂々とした樹林は、静寂の中に歴史と神々しさを感じさせます。

 五月晴れです・早朝のJR奈良駅に230名のご参加、大変有難うございました。

 登大地園地(県庁前公園)に再集合。コース説明後、奈良公園を抜け、緑の絨毯を敷いたような「若草山」を目指し、曲がりくねった坂道「春日山遊歩道」を登りました。

 新緑と--鬱蒼と--覆い茂る巨木--静寂な森林浴道--約50分のきつい登り---でしたが、達成感ある心地よい疲れでした。

 目の前が大きく開けて---稜線の美しい「若草山」山頂(342m)到着。270度、大パラノマ---素晴しい眺め---まるごと古都を一望---世界遺産の数々----大和盆地---どこまでも広がる青空と大地:愛らしい鹿さん達も、迎えてくれました。列詰め休憩後、若草山から「春日山原始林」へ、鬱蒼とした古道「春日奥山道路」を下りました。

 ひんやりとした空気、1100年以上変わらない神聖な空間---時々聞こえてくる鳥の声---木々のざわつく音のみ---さっきまであんなに賑やかな場所にいたのが嘘のような静寂さでした。点在する1600本余の「春日杉」は、直径1m以上?樹齢250~400年の老杉で、堂々として神々しく、威厳を感じました。800余種の多様な植物、豊富に生息している昆虫、鳥類など---自然とのふれあいの場としても知られており、原始林は「特別天然記念物」に指定されています。昼なお薄暗い自然豊かな森の中、起伏ある広い地道が続いています。

 大きな石碑が左側に---「世界遺産・春日山原始林」(1998年認定)剣豪の里に通じる「柳生街道」

分岐点に到着。左は峠の茶屋をから「柳生の里」へ、江戸時代には多くの剣豪達が往来した道です。右折し「滝坂の道」物騒な名前の「首切り地蔵」前広場へ。

 赤い前掛け姿でお迎え。高さ約1,8mの等身大の地蔵菩薩像(鎌倉時代)---首の下に横に裂け目が入っており、その昔、荒木又衛門が試し切りしたと伝えられています。辻の地蔵として旅人等の信仰を集め、柳生街道の象徴的存在・歴史を感じさせる独特の石仏です。深緑の巨木に囲まれての、涼しい昼食時間した。 

「滝坂の道」は、柳生街道の中で最も情緒があり、昼間でも薄暗く湿っぽく、こびりついた苔や地衣類

、滑りやすい石畳が続いています。ひなびた渓谷・せせらぎ・谷あいを縫う清流・小さな無数の滝---点在する石仏群:朝日観音・夕日観音・三体地蔵菩薩・寝仏---(いずれも鎌倉時代の銘)に出会いました。浮見堂(鷺池)、興福寺、経てJR大和路線・奈良駅へ14時30分ゴール。17キロのロングコース・お疲れ様でした。

 神の宿る「春日山」詣で---いかがでしたか?

 

次回は6月9日 花と緑・癒しのスポット 山田池公園「花しょうぶ・あじさい園」観賞お楽しみに。

例会報告写真集を掲載しました。クリックしてご覧下さい。

漫歩マンさんの例会写真集は早くも掲載されました。クリックしてご覧下さい。