★当日のみの一般参加の方も大歓迎です。

      是非、一度、気軽にご参加ください。お待ち致しております。


新着情報

★平成29年10月15日例会報告と写真集をアップしました。

★平成29年9月29日会員のB氏から動画の投稿が有りました。

★平成29年9月24日例会報告と写真集をアップしました。

★平成29年9月20日 「入会・更新案内」「大和年間予定」「各地区協会年間まとめ」の表示方法を変更しました。

★平成29年9月13日会員のB氏から動画の投稿が有りました。

★平成29年9月9日例会報告と写真集をアップしました。

★平成29年9月2日会員のB氏から動画の投稿が有りました。

★平成29年8月28日会員のK氏から写真集の投稿が有りました。

★平成29年8月28日例会報告と写真集をアップしました。

★平成29年8月13日例会報告と写真集をアップしました。

★平成29年8月11日漫歩マン氏から写真集の投稿が有りました。

★平成29年8月3日会員のB氏から動画の投稿が有りました。

★平成29年7月31日会員のK氏から写真集の投稿が有りました。

★平成29年7月31日例会報告と写真集をアップしました。

★平成29年7月21日会員のB氏から動画の投稿が有りました。

★平成29年7月16日例会報告と写真集をアップしました。

★平成29年7月4日会員のB氏から動画の投稿が有りました。

★平成29年7月3日例会報告と写真集をアップしました。

★平成29年6月11日例会報告と写真集をアップしました。

★平成29年5月22日例会報告と写真集をアップしました。

★平成29年5月12日会員のB氏から動画の投稿が有りました。

★平成29年5月6日例会報告と写真集をアップしました。

★平成29年5月1日例会報告と写真集をアップしました。

★平成29年1月6日各地区協会の年間予定のまとめを掲載しました

。ダウンロードして閲覧、印刷ができます。

★平成28年12月31日ホームページをリニューアルしました。

★平成28年10月29日更新案内を新たに設けました。

★平成26年1月13日ホームページを開設しました。



コスモス満開・いかるがロマン回廊

「つれづれの道・法隆寺・斑鳩三塔」

(10月14日(土)第86回例会報告)

コース:JR大和路線・王寺駅~竜田川~つれづれの道~藤の木古墳~法隆寺~斑鳩神社~

    法輪寺~法起寺~小泉神社~JR大和路駅・大和小泉駅

      14Km  JRふれあい レベルA---「初心者・一般向き」ほぼ平坦)

コスモスと法起寺、クリックすると拡大してご覧になれます。

 今回は、秋の斑鳩(いかるが)

いにしえのロマン街道「斑鳩三塔へ

柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺---たわわに実る柿の木---旬の花・コスモス満開でした。

 今にも雨が落ちそうな空模様にも関わらず、JR王寺駅に175名の ご参加有難うございました。

 大和川を越え、対岸の三室山山麓から紅葉の名所「竜田川」に。古今和歌集にも詠まれている平安時代の歌人「在原業平」(ありはらのなりひら)が、百人一首でおなじみの

ちはやぶる 神代もきかず 竜田川  からくれなゐに 水くくるとはと詠んでいます。

念仏橋を渡ると、業平が通った伝説の古道?「つれづれの道」に。ロマンあふれる平安の恋心に触れた歴史街道です。鬱蒼とした竹藪、今にも「かぐや姫」に出会えそうな---子供心にタイムスリップしたかのような静寂な「竹の径」でした。

 大陸文化の香りと、今も謎を秘める「藤ノ木古墳」に到着。6世紀の円墳ですがきれいに

整備された公園です。周りにはコスモスが爛漫と咲き誇り最盛期を迎えていました。

 古い歴史的町並の(西里通り)から世界遺産「法隆寺」境内へ。奈良時代の代表的な格式ある寺で、国宝の「五重塔」がひときわ際立っています。多くの観光客、修学旅行生で溢れていました。南大門前広場での昼食でしたが、小雨が落ちてきました。

 斑鳩には、聖徳太子所縁の「三法寺」があり---これらのお寺にある塔(法隆寺五重塔・法輪寺三重塔・法起寺三重塔)を「斑鳩三塔」と呼んでいます。柿畑も多く、道端で安く販売されていました。田圃では稲刈りも最盛期を迎え 冬支度へ---郷愁を感じさせる斑鳩の里でした。

 雨もあがり「法起寺」(ほうきじ)に到着。みどころは「日本最古の三重塔」世界遺産です。田園に取り残されたように立ち尽くす姿に風情があり、色鮮やかなコスモスが、塔をさらに美しく浮かび上がらせています。まさに百花絢爛---絶景のコスモス・フェスタ---でした。小泉神社を経て14時10分、JR大和小泉駅ゴール。お疲れ様でした。

 歴史と文化の香り---聖徳太子ゆかりの地 ----塔のある風景---満開のコスモス園---斑鳩の里ならではの出会いでした。

 次回は、10月28日(土)是非歩きたい・魅惑の里山「矢田丘陵」をご案内します。

 お楽しみに!

 

 [業平つれづれの道]

天理市から、大和郡山、安堵町を通り、斑鳩から平群の十三峠を越えて八尾・高安の玉祖神社に至る古道で、この道は平安時代の歌人、在原業平が、天理から河内の高安の恋人---河内姫のもとに通った道で,業平の伝説が数多く残るロマンの道と言われています。

例会報告写真集をアップしました。クリックしてご覧下さい。会員のB氏から写真を提供頂いています。

漫歩マンさんが久し振りに例会に復帰されました。

漫歩マンさんの例会写真集は早くも掲載されました。クリックしてご覧下さい。



県下随一:彼岸花満開 朱色に染まる・    「かつらぎ古道」(9月22日(金)第85回例会報告)

コース:JR和歌山線・御所駅~葛城公園~鴨都波神社~一言主神社~葛城古道~九品寺

   ~六地蔵~鴨山口神社~JR和歌山線・御所駅/近鉄御所線・御所駅

      13Km  JRふれあい レベルA---「初心者・一般向き」ほぼ平坦)

  九品寺付近から雨に煙る畝傍山を望む

  今例会は古代神話のふるさと・「かつらぎ古道」を巡りました。

 葛城山のふもと---真っ赤に染まる彼岸花---初秋の里山---全開でした。雨模様の予報ですが、やや不便で遠い「御所市」に、201名のご参加大変有難うございました。

 葛城川を北に---きれいに整備された遊歩道を散策---清い流れに心が洗われます。

前方は、青々として雄大な「葛城連山

」---威厳と神々しさを感じます。

川を渡ると突然---大きな鳥居・老木に覆われた森---「鴨都波(かもつば)神社」に到着

高鴨神社、鴨山口神社と並ぶ、葛城3鴨神社の一つです。

残念---早くも小雨がお迎えです。

 国道24号線を越え田園地帯へ---凄い・凄い---田んぼが真っ赤に染まっています。辺りは奈良有数の「彼岸花、群生地」---まさしく満開---太陽に映えないのが残念---

 赤く燃えるような田園風景に見とれつつ、「一言主神社」(ひとことぬしじんじゃ)到着。ここで昼食休憩をとりました。葛城山の麓に位置し---願い事を一言だけ聞いてくれる---「イチゴンサン」です。

参道から見渡す朱色に染まった田園風景は圧巻でした。開発と都市化がどんどん進み、彼岸花をあまり見かけなった昨今、ここは別世界---「曼珠沙華」満開---でした。

 午後は、雨の---風情ある畦道を---九品寺、番水の時計、六地蔵---へ。黄金の稲穂と真っ赤な曼珠沙華のコントラスト---大和三山も「山水画」のように霞すみ---九品寺(くほんじ)裏庭には赤い前掛けの「千体石仏」がビッシリ---その数は1800仏を超えるとか---。

 14時10分、御所駅にゴール。彼岸花の、あの派手さが不思議と自然に溶け込み、一体感を感じさせました。雨の中・「お彼岸」に咲く花---満喫頂いたでしょうか?お疲れ様でした。

 

次回は10月14日(土)「斑鳩三塔」ロマン街道を行く---旬の花・コスモス満開---お楽しみに

 

  「葛城古道」

 葛城連山の裾野一帯は大和朝廷より、はるか以前に栄えていた「葛城王朝」の故地でした。麓を南北、約13Kmに走るのが、古代の道で知られる「葛城古道」です。

この地を本拠にした葛城氏・鴨氏にゆかりの古社寺が点在し、神代の時代から数々の歴史の舞台となり、「日本神話のふるさと」と言われています。

例会報告写真集をアップしました。クリックしてご覧下さい。会員のI氏から写真を提供頂いています。

今回も漫歩マンさんはお休みのため例会写真集はありません。