★当日のみの一般参加の方も大歓迎です。

      是非、一度、気軽にご参加ください。お待ち致しております。

詳細案内は上のボタンをクリック又は、ナビゲーションの総会案内からもご覧になれます。


新着情報

★平成29年1月18日第4回総会の案内を掲載いたしました。

★平成29年1月15日会員のO氏から都道府県対抗駅伝、応援ウォークの写真の投稿が有りました。サイドバーに掲載しております。

★平成29年1月13日会員のB氏から動画の投稿が有りました。

★平成29年1月8日第72回例会報告と写真集をアップしました。

★平成29年1月6日各地区協会の年間予定のまとめを掲載しました

。ダウンロードして閲覧、印刷ができます。

★平成28年12月31日ホームページをリニューアルしました。

★平成28年12月21日会員のB氏から動画の投稿が有りました。

★平成28年12月18日第71回例会報告と写真集をアップしました。

★平成28年12月5日会員のB氏から動画の投稿が有りました。

★平成28年12月5日第70回例会報告と写真集をアップしました。

★平成28年11月19日第69回例会報告と写真集をアップしました。

★平成28年11月7日第68回例会報告と写真集をアップしました。

★平成28年10月29日更新案内を新たに設けました。

★平成26年1月13日ホームページを開設しました。



特別例会:新年初詣「薬師寺」「奈良・歴史の道」めぐり

(1月6日(金)第72例会報告)

コース:近鉄橿原線・西ノ京駅~薬師寺(集合)~歴史の道~西大寺~秋篠寺~成務天皇陵

    ~佐紀の里~平城宮跡~ウワナベ池~やすらぎの道~近鉄奈良線・奈良駅

      (14Km  レベルA---「初心者・一般向き」ほぼ平坦)

 世界遺産・薬師寺(白鳳伽藍)與楽門

 新年明けましておめでとうございます

早いもので、大和ウォーキング協会「設立4年目」を迎えました。

 

 初例会は毎年「薬師寺」からのスタート

「薬師寺様」のご好意に心から感謝申し上げます。

 「玄奘三蔵院伽藍」前の手入れの行き届いた美しい庭園が特設会場です。

本日は263名のご参加、誠に有難うございました。

 年頭にあたり、毎年「安田祥基」録事様より心温まる「新年の講話」を頂戴しました。

今日のお話は---

1、 「健体康心(けんたいこうしん)」で、ありたい。

   健康とは、健やかなからだ(健体)と康(やす)らかなこころ(康心)からなる。

   自分自身の日常生活を注意し、身も心も健康ですごさねばならない。健康で歩ける事は素晴ら

   しい事です。

2、  今年の干支は丁酉(ひのととり)・鶏は、三歩あるけば忘れる--といいますが、私達は先ず、

   年頭に「今年何をするかをよく考え、1年の計を立て、それを一歩一歩,確実に実現するよう

   努力する」--自身の願いを立てつつ、新春を歩いて頂ければ—と。

玄奘三蔵様にあやかって、目的を持って、しっかり歩きたいと思います。

 続いて浅田会長から、皆様への「日頃の感謝」と、一層「心の通う---楽しい会---」でありたいと、情熱溢れる力強い新年の挨拶がありました。

 

 太田副会長よりコース説明・ウォーキングマナー5か条を力強く唱和し、安全な歩行・マナー遵守を誓いました。

  奈良「歴史の道」は、1972年に奈良市が定めた、広大な平城京を中心に市の外周約27kmに伸びるルート・今回は、西の京、西大寺、秋篠寺、佐紀古墳群---から、やすらぎの道---へ、古代の息吹とロマンを感じつつ、新春溌剌ウォーキングです。

 唐招提寺、垂仁天皇陵から、阪奈道路を越え「西大寺」に到着。自由参拝に致しました。

近鉄奈良線を横切り、境内の美しい秋篠寺へ。成務天皇陵、稱徳天皇陵、日葉酢媛命陵---「佐紀盾列古墳群」(さきたたなみこふん)と呼ばれる古墳街道が続きます。深緑に覆われた静かな森と石畳み、歴史とロマンを感じつつ、いにしえの「歴史街道」歩きでした。

 広々とした世界遺産「平城宮跡」に到着。奈良県を代表する歴史・国営公園です。

到着するや否や、サプライズ! 温かい甘い「ぜんざい」が全員に配られました。

寒い冬にはタイムリーで格好のサービス・嬉しい限りです、お代わりどうぞ---と。

最高の「もてなし・心くばり」でした。「お味はいかが」でしたか? 

 豊澤酒造の清酒「ワンカップ」と、手作りの鮮やかな毛糸の「アクリルタワシ」が、同時に配られました。

 新春の青空に、平城宮からの展望が素晴らしく、下旬に山焼きの行われる美しい若草山・春日山の山並みを一望でき、東大寺大仏殿や二月堂も鮮やかに輝いていました。

 

 午後は、 純白の水鳥が浮かぶ美しい「水上池」を横目に、宇和奈辺陵・小奈辺陵---と、何れも200mを超える規模の樹木に覆われた墳丘で、周囲の水郷は野鳥の格好な棲家となり、バードウォッチングを楽しむ野鳥愛好家のメッカ・行き交う人も少なく、心地よい静寂な古道歩きでした。

 24号線を越え「不退寺」から「やすらぎの道」へ、14時20分、近鉄奈良駅にゴール。

自然と文化の調和した奈良「歴史街道」・古代ロマンを感じて頂けたでしょうか?

 

次回は 1月27日 平安貴族の歩いた「千代の古道」(ふるみち)ぶらり----お楽しみに。

 

   [佐紀盾列(さきたたなみ)古墳群]

 全長200mを超える前方後円墳7基を有する古墳群で、奈良市平城京の北側一帯に広がる日本最大級の古墳群。4世紀後半から5世紀に造営されたと思われ大阪平野の古市、百舌鳥(古墳群)と並ぶ大古墳群です。

例会報告写真集はここからご覧下さい。

漫歩マンさんの例会報告写真集はここからご覧下さい。



年忘れウォーク 冬の「酒蔵見てある記」

(12月16日(金)第71例会報告)

コース:JR神戸線・灘駅~沢の鶴酒造~こうべ甲南武庫の郷~御影公園~白鶴酒造~

            菊正宗酒造~阪神本線・魚崎駅~JR神戸線・住吉駅

          (13Km JRふれあい レベルA---「初心者・一般向き」ほぼ平坦)

白鶴資料館(昔の酒蔵を使用しています)

 JR灘駅前ロータリーは、今年一番の寒さと強烈な突風・とにかく寒い!冷たい!朝でした。

 今年最後の例会は、震えながらの灘五郷「酒蔵めぐり」です。

レトロな資料館、タイムスリップしたような古き時代の酒蔵、伝統的な酒造り光景、原酒の試飲サービス、商品販売コーナー等人気のイベント・この寒さと強風にも関わらず、225名もの多数のご参加、誠に有難うございました。

 JR灘駅から、国道2号・阪神高速を経て「沢の鶴酒造」に到着。

 老舗「沢の鶴」が、灘五郷の一つ、西郷の地に創業したのは享保2年(1717年)、以来290有余年にわたり清酒(沢の鶴)を製造、連綿と芳醇な美酒を醸し続け、酒どころ灘を代表する銘酒としてその名を轟かせています。

 「沢の鶴資料館」は、酒造りの歴史を現代に伝えようと古い酒蔵をそのまま資料館として昭和53年に公開され、兵庫県の「重要有形民俗文化財」に指定されています。昔の酒造り工程などが見られるビデオコーナーでは、先人達の技を体感できます。原酒の試飲会場は人だかり、本家での味わいは格別でした。お酒や土産品の販売ブースも長蛇の列でした。

 風も弱まり、旧西国街道から新在家へ「こうべ甲南武庫の郷」で買い物です。

創業明治3年の「神戸甲南漬」の老舗です。甲南漬は酒どころ灘の香味豊かな酒粕をふんだんに使い、さらに自家吟醸の白菱味醂粕で味を整えた、ふくよかな香りが自慢の高級奈良漬です。酒類、海の幸他も販売されており、お正月の買い物でしょうか、特に、ご婦人の姿が多く見られました。

 乙女塚古墳を過ぎ、阪神御影駅前の「御影公園」到着。青空が出て来ましたが、寒く震えながらの昼食でした。

 

 午後も、酒蔵巡りです。海岸寄りの「白鶴酒造」を訪問。当社も昭和40年代中頃まで使われていた古い酒蔵を改造し、資料館として公開しています。Ⅰ階から2階へと見学順路、昔ながらの酒造工程をそのまま保存し、作業内容を再現するため等身大の人形を配置するなど、清酒の生まれるまでを立体的に、わかりやすく展示されています。昔の酒づくりが蘇り、伝統として引き継がれている「日本の心」を感じました。

 店内は、買い物客で溢れ、珍しい「酒粕アイスクリーム」も販売されていました。

原酒のレクチァーと試飲コーナー---、純米原酒・灘の生一本・濁り梅・ゆず酒---と提供され、「お代わり、どうぞ---」と順番待ちの人・人・人・酒党にとって最高に嬉しい一時でした。

 最後は、住吉川近くの「菊正宗酒造記念館」へ。

「菊正宗酒造」は、創業万治2年(1659年)の老舗・灘地区の酒造りの中心的存在として辛口一筋を貫いてきました。

「生酛(きもと)造り」製法にこだわり続けます。生酛造りとは江戸時代から続く伝承の酒造りで、その原点ともいえる昔ながらの日本酒の造り方です。

 エントランスホールでは、重ね蔵の模型や懐古調の大看板・美人画のポスターなどが展示され、古きなつかしい時代の光景でした。見学コースは大変な賑わい、菊正宗の歩みや昔の酒造りの伝統を感じながらの順路でした。

 試飲会場へ、「大和ウォーキング協会樣」と歓迎看板が設けられ、当社のご好意に心から感謝です。味は辛口で、大変な人気でした。皆さん、買い物にも余念なく、出発時間を延ばしたほどでした。

 今日は,4軒も「はしご」致しました。赤ら顔の人--も? 愛酒家にとっては,至福の時でした。大きな買い物袋のウォーカーも多く見かけました。住吉川を上り阪神・魚崎駅手前でIVVをお渡し,

JR住吉駅まで同行致しました。

 しかし、今日は寒かったですね。風邪を召しませんように。お疲れ様でした。

 

 この一年間、大和ウォーキング協会へのご愛顧・暖かいご厚情、心より御礼申し上げます。

 新年は、1月6日 薬師寺「初詣例会」・元気でお逢いしましょう。サプライズもお楽しみに。

                                

    [灘五郷] 

 「灘の生一本」として全国に知られる日本一の酒どころ、神戸市灘区から西宮市にかけての西郷、御影郷、魚崎郷の灘三郷と西宮郷、今津郷を「灘五郷」と呼んでいます。日本最大の酒蔵の街並みが続き、この地で酒造りが始まったのは室町時代だそうです。

例会報告写真集はここからご覧ください。

漫歩マンさんの例会写真集が掲載されました。クリックしてご覧下さい。

会員のB氏より動画の投稿が有りました。クリックしたご覧ください。